DIYでは真似できないプロの外壁塗装術~人気のシリコン塗料とは~

天候に関係なく塗れる!オススメの全天候型シリコン塗料

外壁塗装は、気温や天候に左右されるデリケートな施工です。シリコン塗料を使って作業をする業者は、施工前に気候を調べ、外壁にあった方法で丁寧に塗装を行ないます。

シリコン塗料は気候に左右される
~5度と85パーセントの壁~

外壁塗装で最も選ばれている塗料といえば、シリコン塗料です。
仕上がりやコストの面から人気のある塗料ですが、その反面気温や湿度によっては仕上がりに差が出る場合があります。
塗装を行なう業者が特に注意する気候の問題とは、どんなものでしょうか?

気温5度以下は塗料が固まらない

外観

外壁塗装工事において、気温が5度以下となった場合、塗装を一時中断することになります。5度以下の気温では、塗料が乾燥しにくくなるため、作業が非常に困難となるのです。また、気温が低いと外壁に水分が付着していることがあります。塗装中に外壁に付着した水分が混ざると、塗料の品質が落ちてしまい、剥がれやヒビ割れが起こりやすくなります。そのため、業者は低温下での塗装は行なわないのです。

湿度85パーセント以上の日は塗装を避ける

水滴

外壁塗装の業者は、空気中の湿度の状態も調べて施工を行ないます。湿度が85パーセント以上の時、外壁も湿気の影響で濡れてしまうため、水分によって塗料が付着しにくくなります。湿気によって濡れた壁に塗装すると、塗料のサビ止め効果が低下してしまうだけでなく、つやひけ、ブラッシング減少などが起こるリスクも高まります。雨も降っていないのに、なぜ塗装作業をしないのか、と疑問に思う人も多いでしょう。施工を行なわない理由は、この空気中の湿度が関係していることが考えられます。

シリコン塗料を塗るタイミングと下地

ハケ

業者がシリコン塗装を行なえる気候は、気温が5度から40度、湿度は85パーセント以下の状態です。逆に、塗装を行なう上で最適な条件は、気温が15度から30度、湿度が75パーセント以下の状態です。この条件下で塗装をすれば、仕上がりや耐久性もベストな状態となるでしょう。

奥さんも共感?
シリコン塗料と下地の関係性

塗装の耐久性や仕上がりを決めるのは、下地だといわれています。
女性のお化粧のように、丹念に下地を整えてから塗装をすることで、仕上がりも段違いなものとなります。

下地に使用する塗料「シーラー」とは?

業者が外壁塗装を行なう場合、指定された塗料を塗る前に、必ず「シーラー」と呼ばれる特殊な塗料を塗ります。このシーラーとは、外壁と指定された塗料とを繋ぐ役目を持つ塗料です。塗料は何の処理もせずそのまま外壁に塗ったとしても、外壁に上手く馴染むことはありません。そこで始めに外壁へシーラーを塗り、塗料を外壁に馴染ませるのです。つまりシーラーとは、ちょうど両面テープのように外壁と塗料の2つをくっつける役割がある塗料なのです。シーラーの上から指定された塗装を塗ることで、外壁へ綺麗に塗装をすることができます。

水性と油性の違い

下塗りに使用するシーラーには、水性と油性の2つのタイプが存在します。これらのシーラーは、中塗りや上塗りをする塗料が水性か、油性かによって使い分けられます。つまり、水性の塗料で外壁塗装をする場合は水性のシーラーを、油性の塗料を使用する場合は油性のシーラーを使用するのです。また、水性と油性のシーラーはそれぞれ浸透性が異なるのも特徴です。外壁の状態がよい家や、新築の家などであれば、浸透性の低い水性シーラーが使用できます。しかし、外壁の劣化が激しい場合、浸透性の高い油性シーラーの使用が適しているのです。内部にシーラーを染み込ませることで、外壁の強度自体も高められるなど、油性のシーラーは劣化した外壁に使用するのに最適なタイプといえます。

劣化の激しい外壁に使う「フィラー」

外壁表面にヒビ割れが見られる場合や、一部が破損したことで表面に凹凸が見られる場合は、シーラーと同じ下塗り材であるフィラーが用いられます。フィラーは、シーラーとは異なり、外壁へ厚く塗ることができるのが特徴です。多少の凹凸やヒビ割れがあっても、厚く塗り固めることで表面を平坦な状態にすることができます。フィラーを使用することで、単に外壁の色を変えるだけでなく、劣化部分も綺麗に覆い隠すことができるでしょう。フィラーは水性のタイプしかないので、劣化した外壁に使用した場合、浸透性の低さから上手く塗料が馴染まない場合があります。そこで、あらかじめ油性シーラーを塗装し、上からフィラーを塗装することで、より外壁に馴染ませやすくする施工方法が行われます。

弾性塗料の効果

弾性塗料は、外壁にヒビ割れが生じた場合に、目立たないようカバーしてくれる効果があります。塗料素材が伸びることで、外から見てもヒビ割れが起きているようには見えないのです。下塗り材のシーラーやフィラーを同じく弾性にすれば、弾性塗料の効果をさらに高めることができるでしょう。

つまりどういうこと?奥さんにも伝わる塗装まとめ

外壁塗装はお化粧に例えることができます。本格的な塗装前にシーラーを塗ることは、お化粧の下地を作るために化粧水や美容液を塗ることと同じです。特に劣化の激しい外壁に使うフィラーですと、アンチエイジング効果の高い美容化粧品のようなものでしょう。下地を塗った後に重ね塗りをする塗料は、ファンデーションのようなものです。弾性塗料の場合、下地のヒビ割れを綺麗に隠せることから、お化粧に例えれば下地のシワやシミを綺麗に隠すコンシーラーに相当すると考えられます。

水溶性は臭いがない
~耐久性も高いシリコン塗料~

塗料を選ぶ場合、気をつけなければならないのは塗料の機能性や費用だけではありません。塗料には独特の強い臭いがあるため、外壁塗装によってご近所さんに迷惑を掛けてしまうことがあります。シリコン塗料は大きく分けて水性と油性があり、2つの特性や臭いは異なります。特徴についてしっかり学び、施工に最適な塗料を選びましょう。

シリコン塗料の臭いの差

油性

油性塗料は溶剤塗料とも呼ばれ、シンナーによって塗料を溶かすことで使用することができます。シンナーを使用しているため、臭いも非常に強いものとなりますが、水を使って溶かした塗料に比べ、耐久性が非常に高いのが特徴です。経年劣化に強く、長期間機能を持続させたい場合は、この油性塗料を選ぶとよいでしょう。また、油性塗料に使用されるシンナーは、揮発性が高さから乾燥がしやすいのも特徴です。乾燥しづらい冬場でも使用ができることから、冬場に塗装依頼をした場合も工期は短いのです。

水性

水性塗料は、水溶性塗料とも呼ばれ、その名の通り水に溶かして使用する塗料です。油性塗料とは違いシンナーを使用しないので、臭いによる問題がほとんどないのがメリットです。油性塗料に比べ、耐久性の低さがデメリットとなりますが、塗料メーカー側の技術の進歩により、現在では油性塗料に負けない耐久性の塗料も販売されています。

天候を見極めれば雨にも負けない

雨マーク

水に溶かして使用する塗料と聞けば、多くの人が、濡れると色が簡単に流れ落ちる水彩絵の具と同じものだと考えるでしょう。しかし、水性塗装は一度乾燥すれば、水が掛かったとしても再び溶けることはありません。塗装の中に含まれている水分が蒸発すれば、硬質な樹脂と顔料だけが残るので、大雨が降ったとしても色が流れ落ちることはないのです。

シリコン塗装で選びたい水性塗料

雨に強いアレスダイナミックフィラー

雨に強いアレスダイナミックフィラー表

湿潤面にも対応した塗料

ダイナミックフィラーが他の塗料と違うのは、塗料中に特殊な樹脂と反応基(はんのうき)が含まれていることです。反応基は、ちょうど磁石のように樹脂と強力に結びつく性質がある物質です。外壁に付着していた水分が蒸発した後、樹脂と反応基が強力に結合し、外壁を強固に覆ってくれます。外壁に水分がある状態で塗ると、塗料が薄まることでの性能の低下や、水分が蒸発することで気泡が生じ、外壁の膨れが現れるため問題となります。しかし、ダイナミックフィラーは水分が完全に蒸発した後、塗料が結合・強化する性質があるので、外壁に水分が付着していても問題なく塗ることができるのです。

top